So-net無料ブログ作成

St.Georgen swingt(ジャズフェスティバル) [ドイツ]

 バイロイト駅裏側の St.Georgenで、7月14 ,15日の週末に ジャズフェスティバルがあった。 通りを通行止めにして、屋台や、ビアガーデンのテーブルが並び、通りから少し奥まった、10ヶ所の中庭や駐車場が開放され、ソウル、スウィング、ロック、ブルースなどのバンド演奏があった。入場料は、1日5ユーロ、2日通しで8ユーロ。気温は20度以下だが、勿論みんなビールを飲んでいる。日曜日は11時からFruehscoppen(朝酒)の後14時から、音楽スタートだ。
 両日ともあいにくの天気で、土曜日は一回、日曜日の午後は、途中何度も雨や雷に会ったが、スウィングのバンドがとても素晴らしいので、どしゃ降りの休憩時間も、テント下の座席で待った。ステージは、テントかガレージで屋根があるが、観客席は、ほとんどが雨ざらしだ。カッパを着たり、ご当地の二人用の巨大な傘をさして、平然と雨に打たれている人もいる。テントの中で一緒に待った年配のご夫妻に、何処から来たのか聞かれ、彼らは30年前に4週間日本旅行をしたという。隣村に住んでいるそうで、このお祭りは、去年が第一回とのこと。日本のことも何でも知っていて、まあ驚いた。ノリノリのご主人と、そろそろ帰りたい奥さんと、雷の中、日本の話に花が咲いた。
 5時過ぎると、雨がいよいよひどくなったので退散した。夜、電子Vnの入るバンドを聴くつもりだったが、傘で舞台が見えず、一瞬だけVn弾きの顔が傘越しに見えたので、それでよしとした。
 年配のバンドは、皆味わいがある。オクトーバーフェストほどうるさくないし、とにかく、懐かしいスウィングは、聴く人のハートを掴む。他のバンドで同じ曲を演奏していることもあったが、中身は全然違う。一人一人のソロが素晴らしく、各人持ち歌がある。金髪のリーダーの歌うジゴロは何度でも聞きたい。こういうお祭りのバンドメンバーは、皆芸達者だ。騒音にも慣れ、楽しい週末だった。(G)
http://www.stgeorgen-swingt.de/
DSC01004.JPGDSC01015.JPGDSC01016.JPGDSC01017.JPGDSC01018.JPGDSC00981.JPGDSC00987.JPGDSC00994.JPGDSC01000.JPGDSC01014.JPGDSC01013.JPGDSC01020.JPGDSC00998.JPGDSC01021.JPGDSC01029.JPGDSC01028.JPGDSC00979.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1