So-net無料ブログ作成

ベルリンフィル12人のチェリストたち サントリーホール [コンサート]

 12人一人一人の個性と奇跡のアンサンブルには唯々驚嘆するばかり。2月にベルリン・コンツェルトハウスで聴いたときは、皆が同じように弾く統一感を強く感じたが、サントリーホールの広い空間では、各人の音色や歌い方の個性がはっきり聴き取れた。
http://gruen.blog.so-net.ne.jp/2010-02-19-1
 30年前からこのアンサンブルのために、沢山の曲が作られ、メンバー自らも編曲してきた。一時知らない曲ばかりになって、個人的に興味が遠のいていたが、今では若返ったメンバーがとても身近に感じられるようになり、それぞれの音の余韻にひたりながら、後で全員のプロフィールをベルリンフィルのURLで読んだ。ベルリンでは二人女性が出ていたが、このツアーでは一人、代わりにベルリン・ドイツ交響楽団のソリストが加わっていた。

 天皇皇后両陛下が後半を聴きにいらっしゃり、観客も起立して拍手でお迎えした。メンバーも最敬礼。アンコールでは、クヴァンツ氏の英語のご挨拶の後、皇后陛下がかつて伴奏されたという思い出の曲、白鳥が演奏された。
 CD購入者のみのサイン会があり、駐車場から楽屋口まで長蛇の列だった。恐る恐る部屋に入ると12人全員がテーブルについて、黙々とサインを回していた。天皇ご来臨の気疲れがあるのか、要の両サイド(オケ1Pult)のお二方は表情が硬かったが、他の若い人たちは、ほんの少し話しただけだが、明るくて、人なつっこい感じがした。次はもっと近くで演奏を聴いてみたい。(G)
外.JPG
アンコール.JPG
出待ち.JPG
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

mimimomo

おはようございます^^
はじめまして。
オーストリアについて調べていたら、こちらにたどり着きました。
by mimimomo (2010-08-01 05:17) 

ipanemaoyaji

私もコンサートへ行ったアフターで、チョイ先にある愛宕神社にお参りしてから返ります。
by ipanemaoyaji (2017-03-14 17:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0