So-net無料ブログ作成

バンコクオペラ ヴァルキューレ初演② [タイ]

 東南アジア初演のワルキューレを語るには、まず、バンコクオペラ支配人、Somtow Sucharitkul氏を知らねばならない。
 http://www.somtow.com/home.html 
 氏は作曲家、小説家、画家、私財を投じて設立したバンコクオペラの支配人、指揮者、演出家も務める。7カ国語を話すそうで、開演前に挨拶したが、完璧な英語、もちろんドイツ語も話す。莫大な借金があるかどうかまでは知らないが、まるでワーグナーのような多才な芸術家なのだ。2003年にはヴォルフガングが来タイし、リング上演を認めた。2006年にはラインゴールド初演。
http://web.mac.com/somtow/RWCB/WALK%C3%9CRE.html  
https://www.fundable.org/groupactions/opera
 友達がこのオケでVlaを弾いており、事前に練習の様子を聞いていた。練習期間は僅か2週間、ベトナムからコンマスとオケメンバーの応援を呼び、チェロとホルンのトップはドイツから招いている。ワルキューレを知らないのは当たり前、ただ楽譜通りに音を出せば良いと考えている奏者が多数いるとのことで、なかなか大変だと友人は言う。Somtow氏も助っ人ドイツ人もそれぞれ、思いの丈を伝えるのに相当難儀したそうだ。
 そして初日、お客さんは少ない。一幕の始まりは、なかなか良く、やるじゃないか!と思っていたところ、ヴェルゼ~の後のTpが落ちて、その後はガタガタと崩れてしまった。オケは何とか復帰したが、ジークムントは2幕以降も2度と復活しなかった。
 演出家助手をアムステルダムから招いているので、西洋人歌手もそうなのだろうか。しかし、台湾で活躍するブリュンヒルデ役のJessica Chenが断トツに素晴らしかった。彼女はかなりのキャリアを積んでおり、ブランゲーネ、トゥーランドット姫も歌っている。ヴォータンは、ラインゴールドで慣れており、自然でとても良かった。告別の場面も、オケの乱れに動揺せず、歌いきった。

 時代設定は第二次大戦後の日本占領下、フンディングは日本人か?ノートゥングは、戦国時代の鎧兜の背に刀として斜めにかかって(刺さって)いる。
 ヴォータンがジークリンデのところに時々現れたくだりは映像を使い、タイの修行僧のような裸足の足元と杖が映った。ラインゴールドの内容を語る場面は、前回本番の舞台映像をそのまま流していたようだ。
 フンディングの家にはジークリンデの他に数名の召使の女性がいる。机は座卓で、西洋人のジークムントも正座する。フンディングは戦国時代の戦で、大将が座わる椅子のようなものに腰かける。ジークムントはやたら何度も水を飲む。
 2幕から、ヴァルハラの入り口なのか、四角い囲いが、後方にあり、そこに立つブリューンヒルデがジークムントに後ろから声をかける。しかし、3幕初めの騎行の部分では、起き上がった兵士がその囲いを通りすぎて、舞台の袖に入る。このへんはよくある演出だ。ヴァルキューレたちは技量がまちまちで、全く声が通らない人もいる。
 全体で言えば、1幕中盤くらいまでは集中力もあったが、練習不足の上経験不足が露呈し、3幕終盤は尻つぼみとなってしまって残念だが、個人的にこのバンコクオペラに情が移ってしまった今、オケの奏者に、少しでもワーグナーに興味を感じてもらうことを祈る。若い人が多い分、一度目覚めたらきっと、素晴らしい舞台になるだろうと、期待している。(G)
 Wotan : Phillip Joll, Brünhilde : Jessica Chen, Fricka : Barbara Smith Jones, Siegmund : Chales Hens, Sieglinde : Janny Zomer, Hunding : Jphn Ames

 N響が初めて新国・ジークフリートのピットに入った時は、1ヶ月間の練習期間を取ったがそれでも大変だったそうだから、バンコクオペラの挑戦は本当に大したものだ。奏者は皆若いし、技術もしっかりしている。オペラ公演団体として2ヶ月前は蝶々夫人を上演しているし、後はワーグナーの経験だけである。我々の帰国した日曜日の2回目の公演では、初日うまくいかなかった部分も改善されたということだ。
 次の演目は、Somtow先生自作の「壇の浦」、既に安徳天皇役ボーイソプラノの選考も進んでいるそうだが、ワーグナーも当然ジークフリート、黄昏と続けて、更にチクルス上演も完成させてもらいたい。当面ジークフリート役の確保が課題だろう。その時はまたタイに行きたいものだ。(B)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1